読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットの一環で、普通に食べる日と断食する日を交互にというのをやっている。

断食の日にプールで泳いだらなんだか体が軽い気がする。

ただもうちょっとふわふわした人になりたい。

 

編集長といえば、ちょうど1年前くらいに、衝撃をうけたことが

虫が飛び始めるちょうど今みたいな中途半端な季節で

支社は、換気は悪いのに隙間だらけというすさまじい環境なので

ちょっとしたやつ、ひいてはたまにおっきい輩が登場する

そんな中で、机に止まったコバエをごめんねといいながらつぶしていた

問いただすと、私が殺生を好まない人だったらと思って謝ったそうである

 

よその編集長から久しぶりに連絡がきた

何でも研修で自分の話題がでたからだそう

うれしいような恥ずかしいようなで、もそもそとした返事になってしまう

向こうは返信しづらいものがあると、黙り込むか絵文字

ギャグと好意の狭間で、会話の長続きに気を配りながらで

なんだかエナジーだか血だかがどんどん吸われていくような気分

 

スーパーの「しょうゆ・つゆ」売り場にいた男の人

断食後の朝ご飯というのは特別においしいし、

考えるのも楽しいもので、空腹を紛らわせながらの食材選びも

修行みたいではまってしまいそうなものがある

なすの煮浸しが食べたくて、サボろうとめんつゆ売り場へ向かうと

何を手に取る訳でもなく、棚の前で困っているお兄さんがいて、好みだった

 

『させよエロイカ』高田サンコ(ビッグコミックス

女性の官能を刺激する蚊に、というか、その蚊にさされた女と戦う少年の話。

下ネタの恐ろしさ、面白さ、使いどころをダイレクトにとらえた作品。

 

蚊に刺されたことを理由に、かゆい情けない顔を見られたい

蚊をしとめたことを理由に、「この血だれのですかね」とか言って身体検査したい

蚊がとまったことを理由に、思いっきり二の腕を叩かれたい

 

 

 

させよエロイカ(1) (ビッグコミックス)