読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みどり

ダイエットを本格的に初めて約一週間。

早速飽きてきたので、周りの人にやっていることを話す。

それでも吹っ切れないもやもやで、自分を甘やかす。

 

編集長も最近お腹周りを気にして、たまに小声で漏らす。

ベルトの上当たりをぽんぽこ叩いていることもあって、

見られたいのか突っ込んで欲しいのかわからないので盗み見る。

好きだし、良からぬ妄想の登場人物にもするけれど、したい訳じゃない。

裸は見たくないし見られたくもないが、縛られたいし殴られたい。

今使っている背もたれが黄緑の椅子に私を括り付けて、蹴り倒してくれないだろうか。

 

大学時代同じサークルに入っていたNのことを思い出す。

自覚があるのかないのかわからないけれど、ふと残酷なことばかりする人で

とても好かれていながら、ひどく嫌われていて、よく傷ついていた。

見た目も良かったが、優しさが仇になる、漫画みたいな人だった。

泣かせるつもりも無く女を泣かせる、小説のサブキャラクターみたいな。

「お前が一番信頼できる」と言われ、返せず黒板の緑色を見ながら感じた。

 

出社する運転中、何となく刺激が欲しくて流している映画に出ている俳優。

ある雑誌の「大人の男」特集で表紙になっていたが、まだそんな風になる前。

原作の漫画より、ルックスこそ見劣りするし、体も美しくはないけれど、

してほしいことを、有無を云わせてなお強行させる目の力やものいいに、

うらやましさやあこがれやら、欲をつっつかれて、仕事をする気も起きてくる。

主人公にもみどりちゃんにもなれないから、遠慮なく気分の餌にする。

 

さよならみどりちゃん南Q太(フィールコミックスGOLD)

ある女が、嫌な男に横恋慕しながら、男をとりまく女に勝手にイライラする話。

女も男も漫画版の方が綺麗だが。話としての生々しさは映画版の方がある。

 

脱いだ姿なんて結果だから興味なくて

着たままよれた服とか、口をついて出ちゃった言葉とかが

春先の浅い緑の色の蔦のように、浸食してゆるゆると人を縛る。

 

 

さよならみどりちゃん (フィールコミックスGOLD)