読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じ編集室の人が子どもが生まれるというので、

急遽休んで県外に飛んでいった。

今朝連絡があったそうで、無事父親になったという。

 

そんなわけで昨日の仕事は編集長と久しぶりに2人だった。

子どものサッカーがどうとかで、土曜は出勤しない人だということもあって、

いつ部下の出産の電話があるかと気にしていたこともあって、

どことなくそわそわとしている様子がかわいらしい。

いつもしているメガネも外して、自分が作ったラフを見ている。

肉眼ですらすらとチェックをして、ちゃんと読んだかどうかも怪しい。

 

デスクが向かい合っている別の編集長は掃除魔。

席替えで正面になったのだけれど、終止散らかしている私の前は

ストレスになって堪らないのでないかと思う。

移動してきた時「よろしくお願いします」と言ったけれど仏頂面だった。

子どもが字を覚え始めたそうで、但し書きを作って家中に貼っているのだという。

肉親であれば、片付けたいフラストレーションは溜まらないのだろうか。

 

よその編集長が誕生日だったので、いい機会だと思って連絡をとってみた。

とはいっても相手は私がその日だと知っていることを知らない。

案の定不審がっていたが、ネットで見たといったら納得していた。

定期的にラジオに出ているとかで、最新の音源を送ってきた。

アナウンサーとは会話がかみ合っており、しっくりこないこちらは焦る。

肉薄した言葉でついモーションをかけてしまうも、ひらりとかわされた。

 

蛇肉、鹿肉、羊肉どれも生焼けではまずかろうと、危機感。

 

『アヤメくんののんびり肉食日記』町麻衣(Feelコミックス)

 

哺乳類な感じを確かめたくてアプローチするアヤメくんに狙われる先輩の話。

肉を触るだけじゃない、骨まで届くような告白に憧れてみたり。

 

焼くなら、生じゃなくてよく焼いて、

食べるなら思いっきりかじりついて。

骨は食べられないからそのぎりぎりまで、時間をかけて味わって。

 

 

アヤメくんののんびり肉食日誌(1) (FEEL COMICS)