読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みどり

ダイエットを本格的に初めて約一週間。

早速飽きてきたので、周りの人にやっていることを話す。

それでも吹っ切れないもやもやで、自分を甘やかす。

 

編集長も最近お腹周りを気にして、たまに小声で漏らす。

ベルトの上当たりをぽんぽこ叩いていることもあって、

見られたいのか突っ込んで欲しいのかわからないので盗み見る。

好きだし、良からぬ妄想の登場人物にもするけれど、したい訳じゃない。

裸は見たくないし見られたくもないが、縛られたいし殴られたい。

今使っている背もたれが黄緑の椅子に私を括り付けて、蹴り倒してくれないだろうか。

 

大学時代同じサークルに入っていたNのことを思い出す。

自覚があるのかないのかわからないけれど、ふと残酷なことばかりする人で

とても好かれていながら、ひどく嫌われていて、よく傷ついていた。

見た目も良かったが、優しさが仇になる、漫画みたいな人だった。

泣かせるつもりも無く女を泣かせる、小説のサブキャラクターみたいな。

「お前が一番信頼できる」と言われ、返せず黒板の緑色を見ながら感じた。

 

出社する運転中、何となく刺激が欲しくて流している映画に出ている俳優。

ある雑誌の「大人の男」特集で表紙になっていたが、まだそんな風になる前。

原作の漫画より、ルックスこそ見劣りするし、体も美しくはないけれど、

してほしいことを、有無を云わせてなお強行させる目の力やものいいに、

うらやましさやあこがれやら、欲をつっつかれて、仕事をする気も起きてくる。

主人公にもみどりちゃんにもなれないから、遠慮なく気分の餌にする。

 

さよならみどりちゃん南Q太(フィールコミックスGOLD)

ある女が、嫌な男に横恋慕しながら、男をとりまく女に勝手にイライラする話。

女も男も漫画版の方が綺麗だが。話としての生々しさは映画版の方がある。

 

脱いだ姿なんて結果だから興味なくて

着たままよれた服とか、口をついて出ちゃった言葉とかが

春先の浅い緑の色の蔦のように、浸食してゆるゆると人を縛る。

 

 

さよならみどりちゃん (フィールコミックスGOLD)

同じ編集室の人が子どもが生まれるというので、

急遽休んで県外に飛んでいった。

今朝連絡があったそうで、無事父親になったという。

 

そんなわけで昨日の仕事は編集長と久しぶりに2人だった。

子どものサッカーがどうとかで、土曜は出勤しない人だということもあって、

いつ部下の出産の電話があるかと気にしていたこともあって、

どことなくそわそわとしている様子がかわいらしい。

いつもしているメガネも外して、自分が作ったラフを見ている。

肉眼ですらすらとチェックをして、ちゃんと読んだかどうかも怪しい。

 

デスクが向かい合っている別の編集長は掃除魔。

席替えで正面になったのだけれど、終止散らかしている私の前は

ストレスになって堪らないのでないかと思う。

移動してきた時「よろしくお願いします」と言ったけれど仏頂面だった。

子どもが字を覚え始めたそうで、但し書きを作って家中に貼っているのだという。

肉親であれば、片付けたいフラストレーションは溜まらないのだろうか。

 

よその編集長が誕生日だったので、いい機会だと思って連絡をとってみた。

とはいっても相手は私がその日だと知っていることを知らない。

案の定不審がっていたが、ネットで見たといったら納得していた。

定期的にラジオに出ているとかで、最新の音源を送ってきた。

アナウンサーとは会話がかみ合っており、しっくりこないこちらは焦る。

肉薄した言葉でついモーションをかけてしまうも、ひらりとかわされた。

 

蛇肉、鹿肉、羊肉どれも生焼けではまずかろうと、危機感。

 

『アヤメくんののんびり肉食日記』町麻衣(Feelコミックス)

 

哺乳類な感じを確かめたくてアプローチするアヤメくんに狙われる先輩の話。

肉を触るだけじゃない、骨まで届くような告白に憧れてみたり。

 

焼くなら、生じゃなくてよく焼いて、

食べるなら思いっきりかじりついて。

骨は食べられないからそのぎりぎりまで、時間をかけて味わって。

 

 

アヤメくんののんびり肉食日誌(1) (FEEL COMICS)

 

 

 

 

 

 

GWの休みが明け、また会社が始まった。

5月1日からクールビズが始まっていたらしく、

社内の男性陣は半分がノーネクタイ。ジャケットは大体が着ていた。

 

うちの編集長は、忘れていた組。

髪の毛は切ってさっぱりしているのに、ネクタイを首まで閉めているあたりが

暑がりでめんどくさがりな性格をよく表している気がする。

人から指摘されて外せば良いのに外さない。

めんどくさがりな頑固だが、人当たりが良いから恐ろしい。

「ははは」と笑うのに、口の穴の奥が見えない。

 

 

支社長は、GW前からクールビズを楽しみにしていたそうで

早速襟元をあけての出社。

立場があるからからジャケットは着ている。

女性陣の冗談も、笑って聞き流すどころか、どんどん突っ込む。

西からやってきた人らしさを醸し出す。

首の穴から、「人」が出てきたような感じ。

 

ちょっとした用事があって、よその編集長に電話をかける。

文字だと恐ろしく女々しい人なのに、声はなんとも男らしい。

入社したばかりの頃は怖いと思っていたくらいの怒っているような話し方。

話を伝えると、どうでもいいことだったらしく、適当に返される。

流れていく返事に、自分もだんだんなんのために電話したのかわからなくなって

この人はネクタイを外してきたのかと、受話器の穴を見つめながら考えた。

 

耳の穴が、袖の穴が、心の穴が数mmずつ、反応して開いて行く感触。

 

『女の穴』 ふみふみこリュウコミックス)

 

任務だからとセックスする、女の形をした宇宙人に、穴を見いだす先生の話。

途方もなく受け止めてくれる女っていうのは穴に見えるらしい。

 

穴は開いているのか、それとも開けられたのか。

開きたくて開いたのだし、開けたくて開けたのだし

開けようとする力が働いたから開いたのだろう。